IMG_5635.jpg

In August 2016, End of Summer welcomed seven Japanese artists to Portland, held three public lectures by visiting international scholars, conducted numerous group visits to artists studios, exhibitions, historical sites and cultural centers, organized one open studio event, and held one group roundtable discussion. It was the first iteration of the annual program, and the culmination of a two year development process with Imprint Culture Lab.

The core focus of the residency was to foster and facilitate meaningful personal ties between the Japanese artists themselves, and with the Portland community into which they were immersed. This was enacted through both organized and organically generated visits with diverse local artists, community organizers, independent art spaces, cultural centers and other creative practitioners. Through a conscious effort to make these interactions un-didactic but open, full of sharing, and hinged on personal conversations, I feel we were successful in achieving the sought after but elusive goal of inviting real human connection.

An artist remarked how the group had begun to feel like a family. It is this directness of affect which End of Summer is interested in as an anchoring point, seemingly simple but intentional in political principle.  It is from this foundation that the possibility to motivate cross-cultural understanding and exchange, especially outside of Western dominated narratives, becomes possible.

What we found was that by diverting emphasis of the program from artistic production to community immersion, interpersonal connection and critical artistic dialogue, the desire to create artwork on the part of the artists seemed to burn especially bright as a result. A strong natural balance developed during the program between the artists working in the studio and participating in activities with the community outside of the studios.

Each of the seven Japanese artists implemented their individual processes of research and experimentation to arrive at their residency projects. In many cases, these projects grew naturally out of the artists’ interactions with the local community in Portland.

The artists’ projects were each eventually presented to the public at the End of Summer open studio event on August 28th 2016. The open studio was an occasion on which diverse segments of Portland’s creative community came together to see art projects which presented new historical, cultural and perceptual perspectives on their own city.

The lecture series, also held at Yale Union, hosted three guest speakers to present on subjects which further explored the themes of cross-cultural connection, critically engaged artistic practice, and Japanese art history and aesthetics. James Jack, Artist and Postdoctoral Fellow at Social Art Lab, Kyushu University, presented on points of historical interaction between Japan and the U.S. through the viewpoint of an artist. Yukie Kamiya, Director of Japan Society Gallery, discussed themes of time, site specificity and the evolving history of Japanese museums. Yuriko Saito, Professor of Philosophy at Rhode Island School of Design, provided a thorough introduction to “Everyday Aesthetics”, a field of philosophy drawing from Japanese aesthetics which she has pioneered.

Each of the lectures were open to the public, providing Portland with the unique opportunity to hear from accomplished art scholars who they may not typically have access to. The subject matter of the lectures were also unusual to the contemporary art discourse within Portland, and part of the benefit we hope End of Summer has for Portland is expanded consciousness and interest in Japanese/East Asian culture and perspectives.

On the final day of the program, we held a roundtable discussion at Yale Union with all of the Japanese artists and one Portland arts writer. This discussion enabled us to collectively share our impressions of the month-long experience. The artists discussed what they felt they gained from participating in the program, and also shared their thoughts on the current state of contemporary art in Japan. Most crucially perhaps, we discussed potential next steps for End of Summer, and how it can continue to advance its mission of cross-cultural artistic exchange.

2016年の夏、エンド・オブ・サマーは7人の日本人アーティストをポートランドに招き、国際的に活躍する研究者による3つの公開アートレクチャーを開催し、アーティストのスタジオ、展覧会、歴史的な場所、カルチャーの発信地などへ多数のグループ訪問を行い、1回のオープンスタジオイベントと円卓ディスカッションを、成功裏に開催しました。それは今後毎年行われることになるプログラムの初めての開催であり、インプリント・カルチャー・ラボとの2年にわたる開発プロセスの成果でした。

アーティストのレジデンシーの核心は、日本人アーティスト自身と彼らが飛び込んだポートランドのコミュニティとの間に意味のある個人的つながりを促し、育むことにありました。それは様々なローカルアーティストやコミュニティのオーガナイザー、独立系のアートスペースやカルチャーセンター、その他クリエーティブな営みをしている人たちのところへの、計画された、または自然発生的な訪問から生まれました。これらの交流を講義のようにではなく、オープンで、互いに様々なことを分かち合う、個人的な会話を中心としたものにしようとする意図的な努力により、ほんとうの人間的つながりを作りたいという、求めていても実際には困難な目的を達成できたと感じています。

これは参加した一人のアーティストがプログラムのアシスタントに漏らしたシンプルではっきりしたコメントとして私に伝わってきました。それはこのグループが「家族みたいに感じる」というコメントでした。エンド・オブ・サマーがその基点として持ちたいと考えているのはこのような直接的な効果です。それはシンプルに見えて、戦略的原則として意図的なものです。このことを基礎において初めて、異文化間の理解と交流、特にそれが西洋の視点以外で語られることを動機づけることができるのです。

私たちが気づいたのは、プログラムの重点を作品制作からコミュニティに飛び込むこと、個人間のつながり、そしてアートをめぐる批評的な対話に移行した結果、アーティスト側の制作への欲求が非常に高まったということです。プログラムの過程において、アーティストたちにはスタジオで制作することと、スタジオ外のコミュニティとの活動に参加することとの間に自然で強いバランスが生まれました。

7人の日本人アーティストは、それぞれのリサーチや実験のプロセスをレジデンシーのプロジェクトに取り入れました。プロジェクトの多くは、アーティストたちのポートランドのローカルコミュニティとのインタラクションから自然に発生しました。

これらと、その他のアーティストたちのプロジェクトは、その後、2016年8月28日に行われたエンド・オブ・サマーのオープンスタジオイベントで公開されました。オープンスタジオは、ポートランドのクリエーティブコミュニティが集まり、自分たちの街を新しい歴史的、文化的視点、新しい認識から提示するアートプロジェクトを見る機会となりました。

同様にイェール・ユニオンで開催されたレクチャーシリーズは、3人のゲストスピーカーを迎え、異文化間のつながり、批評的に関与する創作活動、日本のアートの歴史と美学というテーマを深めました。九州大学ソーシャルアートラボ博士研究員でありアーティストのジェームス・ジャック氏はアーティストの視点から日本と米国の歴史的な交流についてプレゼンテーションを行いました。ジャパン・ソサエティー・ギャラリーのディレクターである神谷幸江氏は時間とサイト・スペシフィック性について、そして日本の美術館の進化の歴史について話しました。ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで哲学を教える斎藤百合子教授は自身が提唱してきた、日本の美学から引き出される哲学、「日常性の美学」についての総論的入門を提供しました。

それぞれのレクチャーは市民に公開され、ふだんは接することの少ない一流のアート研究者の話を聞くという貴重な機会をポートランドに提供しました。レクチャーのテーマも現在ポートランドで交わされている対話とは異なったものであり、このように日本や東アジアの文化や視点への意識や興味を広げることはエンド・オブ・サマーがポートランドにもたらすことを目指していることの一つです。

プログラムの最終日にはイェール・ユニオンで、参加アーティスト全員とポートランドの著名なアート批評家とによる円卓のディスカッションが開催されました。このディスカッションにより、1か月にわたる体験で得た印象を共に分かち合うことができました。アーティストたちはプログラムに参加して得たこと、そして日本の現代アートの状況についての考えを披露しました。また重要なこととして、エンド・オブ・サマーの次のステップについて、異文化間のアート交流というミッションを前進させていくにはどうしたらいいかを語り合いました。