On November 20th 2016, End of Summer organized a group presentation/lecture in Tokyo featuring the 2016 artists in residence, Artist and Postdoctoral Fellow at Social Art Lab, Kyushu University James Jack, and End of Summer Program Director Matt Jay.

The intention was not only to introduce the program opportunity to our growing community/audience in Tokyo, but to report our
collective research findings and cultural observations through this ongoing project. The presentation will begin with opening remarks from Program Director Matt Jay- including a brief overview of cultural connections between Portland and Japan, building the foundational context for End of Summer, and the ultimate goals of the program.

The presentation focused on the artists in residence, who each shared their impressions and observations of their experience, as well as details of the individual site-responsive artistic projects which were conducted during their time in residence. Artist, Postdoctoral Fellow at Kyushu University, and previous End of Summer guest lecturer, James Jack closed the presentation sharing aspects of his unique experience conducting art projects in both Japan and Portland, and on the importance of artistic exchange across the Pacific.

2016年11月、エンド・オブ・サマーは東京において、グループプレゼンテーションとレクチャーを企画します。2016年のレジデントアーティストたち、九州大学ソーシャルアートラボ博士研究員でありアーティストのジェームス・ジャック、そしてエンド・オブ・サマーのプログラムディレクターであるマット・ジェイが参加します。

私たちの意図は、東京で育ちつつある私たちのコミュニティ及びオーディエンスにこのプログラムが提供する機会を紹介するだけでなく、この継続的プロジェクトを通しての共同研究の成果と文化的な考察をレポートすることです。

プレゼンテーションはプログラムディレクターのマット・ジェイによるオープニングコメントで始まります。ポートランドと日本の文化的つながりの概要から、エンド・オブ・サマー設立の文脈と、プログラムの最終的なゴールを語ります。

プレゼンテーションの中心はレジデンシーを経験したアーティストたちです。それぞれが異文化体験の印象や考察、レジデンシーの期間中にその場所に反応して作られたプロジェクト作品の詳細についてシェアします。

最後にアーティストであり九州大学ソーシャルアートラボ博士研究員、そしてエンド・オブ・サマーのゲスト講師でもあったジェームス・ジャックが、日本とポートランドの双方でアートプロジェクトを行った自身のユニークな体験からの視点を語り、太平洋の両岸のアート交流の重要性を語ります。