End of Summer is a cross-cultural art program based in Portland, Oregon at the Yale Union contemporary art center. It is comprised of an annual summer residency for artists from Japan, as well as a lecture series. Outside of this core summer program, symposiums, exhibitions and other related projects are also organized in Japan, and internationally.

End of Summer exists to build a dialogue between the U.S., specifically the region of the Pacific Northwest, and Japan through contemporary art. Through this entry point, the program aims to engage in a larger exploration of Japanese art in the era of global artistic practice, as well as the continual reconsideration of notions of East and West, center and periphery.

Each year, six Japanese artists are selected through an open call and invited to participate in the program. The residency utilizes the setting of Portland, with its cultural ties to Japan, community oriented ethos, and dynamic arts activity, as a site for creative exploration that nurtures an international connectivity.

End of Summer emphasizes an exploratory and research based experience, without demands for artistic production. Upon arrival in Portland, resident artists are provided with studio space to act as their home base, from which they can research, experiment and work. The crux of the program however is centered on a series of activities and events organized to allow residents the opportunity to interact with Portland’s art community directly, including exhibition and studio visits.

Each week the program hosts a guest lecture- public events organized specifically for the residency. Participating lecturers are notable in diverse fields of study, selected for the program to encourage a perspective that is international and critically engaged. Each of the lecturers and their work are also directly investigating, or informed by sensibilities and history of Japan and the Global Asias, crucially framing the residency in points of view outside of its western setting.

The residency culminates in a roundtable discussion and open studio event. The roundtable provides an opportunity for the artists to share their impressions on what they have seen and experienced, which will be documented in a book project with Portland’s Publication Studio, as well as online, as part of an ongoing effort by the program to collect and disseminate more perspectives from Japanese contemporary artists. During the open studio, the public is invited into the residents’ workspace at Yale Union to view works in progress or travel findings, and enjoy a social closing out of the program. 

「エンド・オブ・サマー」は、オレゴン州ポートランドで行われる、異文化のアート・プログラムです。毎年夏に、日本人の新進アーティストたちがポートランドに滞在(レジデンシー)し、一般公開されるレクチャーやプレゼンテーションといったイベントで構成されます。プログラムは、ポートランド南西部にある「イエール・ユニオン」のコンテンポラリー・アート・センターの建物を拠点にして実施されます。

「エンド・オブ・サマー」は、コンテンポラリー・アートを通じて、アメリカの太平洋岸北西部と日本とを結び、対話を積み上げることを目的としています。毎年、最高6人の日本人のアーティストとアートを学ぶ学生のグループが、公募によって選ばれます。さらに、日本人のキュレイターまたはライター1人が招かれて、プログラムに参加します。ポートランドには、日本との文化的な絆、コミュニティーに根ざした価値観、ダイナミックな芸術活動が息づいています。プログラムの参加者は、レジデンシーを通して、ポートランドという環境を存分に活用し、クリエイティブな探求と国際的なつながりを養うことができます。

「エンド・オブ・サマー」は、体験にもとづいた調査と研究に重きを置いており、芸術作品を要求することはありません。参加者には、ポートランドに到着すると、スタジオのスペースが与えられます。このスタジオを、自分の拠点として、研究や実験、制作を行うことができます。しかし、プログラムでもっとも重要なのは、滞在中に予定されているアクティビティーやイベントです。プログラム参加者は、展覧会やスタジオ訪問などのアクティビティーやイベントを通して、ポートランドのアート・コミュニティーと直接的に交流します。

また、プログラム参加者のために、毎週、ゲストを招いた講演会が実施されます。これは一般にも公開されます。参加する講師は、多様な研究分野でよく知られている人たちで、プログラムに国際的かつ批評的な視点をもたらすことを奨励する目的で選ばれます。講師たちの仕事は、日本人の感性や日本の歴史を研究するものであったり、それらに影響されたものであったりします。西洋の環境でのレジデンシーを東洋の視点と枠組みの中で考えるという、非常に重要な役割を担っています。

レジデンシーの最後を飾るのは、討論会と、オープン・スタジオのイベントです。討論会は、アーティストたちが滞在中に見たものや経験したことについてそれぞれの印象を共有する機会を与えてくれます。討論会の内容は記録され、ポートランドの「パブリケーション・スタジオ」によって書籍化されます。同様に、インターネット上でも公開されます。これは、日本人のアーティストたちの視点をより多く集めて広めようという、プログラムが続けている努力によるものです。オープン・スタジオでは、一般の人たちが招かれて、イエール・ユニオン内にあるプログラム参加者の仕事場を訪れます。そこで、制作中の作品や旅の発見を鑑賞し、プログラムの終幕ならではの社交を楽しみます。