OVERVIEW

Artists invited to the End of Summer residency will live and work in Portland, Oregon for four weeks each August, from August 1st through August 31st.

During the course of the four week program, the group of six artists will participate in a series of program activities that will connect them with Portland's art community and engage them in opportunities for critical artistic reflection. The diverse activities include studio visits and exhibition tours, which are scheduled for each morning of the program, leaving the rest of the day for artists to work in the studio or explore the city further. 

The End of Summer lecture series is a core aspect of the residency program, organized to introduce artists to important voices in diverse fields of art historical, philosophical, and cultural study. Each week a notable guest speaker will share their work with the artists at public lecture events. 

It is required that artists participate in all of the program activities and attend the lectures. Outside of this, how artists choose to utilize their residency stay to benefit their art practice is up to them. At the end of the residency, there is an open studio event in which the public is invited to visit with the artists in their studios. There is no planned exhibition at the end of the residency, however the program is open to working with artists to help organize any particular projects or presentations of their work they have in mind.

LOCATIONS

Residents are assigned their own studio space in the Yale Union contemporary art center building. The studios vary in size, and assignment is determined by the needs of the residents according to their intended usage of the studio. 

Founded by artists, Yale Union is a center for contemporary art in Southeast Portland, Oregon. It is led by a desire to support artists, propose new modes of production, and stimulate the ongoing public discourse around art. Located in a historic hundred year old building, Yale Union is the home base of End of Summer, and residents will benefit from working in the leading contemporary art center in Portland.

Housing accommodations for the residency are located in downtown Portland, surrounded by many of Portland's galleries and cultural attractions. Residents should expect to share a bunk room with fellow residents of the program and potentially other travelers. Each resident will have their own bed, secure storage locker and access to shared bathrooms and kitchen. 

EXPENSES
The program is pleased to be able to provide airfare, housing and art studio space for each artist in residence.

Artists should prepare for material costs related to studio work they intend to do, and daily living expenses.

Additionally, all artists must acquire travel insurance before arriving in Portland.

概要

「エンド・オブ・サマー」のレジデンスプログラムは、毎年8月1日〜8月29日の4週間、アーティストを受け入れます。招待されたアーティストは、この期間中、オレゴン州ポートランド南西部にあるレジデンス施設で生活し、仕事をすることができます。

4週間のプログラムの期間中、6人のアーティストのグループは、いくつものアクティビティーに参加します。これらは、参加者とポートランドのアート・コミュニティーを結び、批評的かつ芸術的なアイデアを活発に交換する機会となります。多様なアクティビティーには、スタジオ訪問や展覧会ツアーなどが含まれます。これらは毎朝行われ、そのあとは終日自由で、アーティストはスタジオで仕事をしてもいいし、街をさらに探索してもいいことになっています。

「エンド・オブ・サマー」のレクチャー・シリーズは、レジデンシー・プログラムの核となるものです。アーティストたちが、美術史や哲学、文化研究など多様な分野における重要な意見に触れる場として、企画されます。毎週、著名なゲスト・スピーカーが招かれ、一般公開のレクチャーを行い、彼らの仕事をアーティストたちと共有します。

参加するアーティストは、プログラムのすべてのアクティビティーに参加し、すべてのレクチャーに出席することが義務づけられています。それ以外は自由で、レジデンシーをどう利用するか、自身のアートの実践においてどう反映させるか、は、アーティストたちに任されています。レジデンシー終了時に、オープン・スタジオのイベントがあります。一般の人たちが招かれて、アーティストたちをスタジオに訪問するというものです。レジデンシーの終了時に、展覧会をする予定はありません。しかし、アーティストが計画し、希望するプロジェクトやプレゼンテーションがあれば、プログラムがその実行を手助けすることはできます。

ロケーション

アーティストは、自分のスタジオ・スペースを「イエール・ユニオン」のコンテンポラリー・アート・センターの建物の中に与えられます。スタジオのサイズは、さまざまです。どのスタジオが与えられるかは、アーティストのスタジオ使用の目的に従って、必要性に応じて、決められます。

「イエール・ユニオン」は、オレゴン州ポートランド南西部にある、コンテンポラリー・アートのためのセンターで、アーティストたちによって創設されました。アーティストを支援したい、新しいタイプの作品制作を提案したい、アートを取り巻く一般の議論を刺激したい、という願いに導かれてつくられた施設です。「イエール・ユニオン」は、築100年の歴史的建造物に入居し、「エンド・オブ・サマー」の本拠地となります。プログラムに参加するアーティストは、ポートランドで有数のコンテンポラリー・アート・センターで仕事をするという恩恵を受けられます。

レジデンシーの住居施設は、ポートランドのダウンタウンに位置します。ポートランドのギャラリーやカルチャー関連の施設が多く集まる場所にあります。参加者は、二段ベッドの部屋を、ほかのプログラム参加者と一緒にシェアします。ほかの旅行者とシェアする可能性もあります。参加者は、自分のベッドと、安全なロッカーを与えられます。バスルームとキッチンは共有で使えます。

費用

プログラムは、参加者それぞれに、航空券代、住居、アート・スタジオ・スペースを提供します。
参加者は、スタジオでの制作にかかわる素材などの実費や、日々の生活費を、自己負担します。
さらに、参加者全員が、ポートランドに到着する前までに、旅行保険に加入することが必要です。