The End of Summer lecture series brings notable guests from diverse fields of study in the arts to Portland. The lecture series is one of the main components of the corresponding End of Summer residency program, for emerging Japanese artists and students.

The guest lecturers are invited to the program to encourage a perspective that is international and critically engaged. Each of the lecturers and their work are also directly investigating, or informed by Japanese sensibilities or history, crucially framing the western-set program in eastern points of view. 

All lecture series events are held at Yale Union and are open to the public.

Guest Lecturers have included:

Yukie Kamiya - Director, Japan Society Gallery
Yoshitaka Mori - Professor of Sociology and Cultural Studies, Tokyo University of the Arts
Yuriko Saito - Professor of Philosophy, Rhode Island School of Design
James Jack - Doctoral Fellow at Kyushu University
Justin Jesty - Assistant Professor of Asian Languages and Literature, University of Washington

「エンド・オブ・サマー」のレクチャー・シリーズは、アートの多様な研究分野から著名なゲストをポートランドに招きます。このレクチャー・シリーズは、「エンド・オブ・サマー」のレジデンシー・プログラムの一環として行われ、日本人のアーティストおよび学生にとって、もっとも重要なイベントの一つです。

ゲスト・レクチャーの講師は、プログラムに国際的かつ批評的な視点をもたらすことを奨励する目的で、招かれます。講師たちとその仕事は、日本人の感性や日本の歴史を研究するものであったり、それらに影響されたものであったりします。西洋の環境でのプログラムを東洋の視点と枠組みの中で考えるという、非常に重要な役割を担っています。

講義シリーズプログラムを開発していきますように、追加の参加者と講演の日程を発表し、定期的に確認してください。すべての講義シリーズのイベントは一般に公開されています。